本装置は、主に電動機及び発電機固定子コイルに絶縁テープを自動でテーピングします。(状況や固定方法により、電機子コイル、ローターバーコイルの絶縁テーピングも可能です。)

下口側のテーピング終了後、アイレットクランプが自動で反転し上口側のテーピングに移行します。

その為、下口から上口への段取り換えの必要がなくなります。

コイルの脱着、クランプの位置決めはオペレーターが手動で行います。

テーピングに必要なコイルデータは装置搭載のPCより入力。